社風のマッチング:自分の価値観を深掘ろう!

企業文化が働きやすさに与える影響

働きやすさを測る際には、単に休暇日数や福利厚生だけでなく、実際に同僚と一緒に仕事をする際の雰囲気や企業の文化といった「社風」も重要です。

しかし、「良い社風」とは一概に定義することができません。なぜなら、それぞれの価値観によって社風の評価は異なるからです。

たとえば、「プライベートでも親密な関係を築く」という社風では、一部の人は「仲が良い雰囲気で働きやすそうだ」と感じるかもしれませんが、他の人は「過度な干渉があってストレスを感じそうだ」と考えるかもしれません。

同様に、「トップダウンの指導で信頼できる」という社風に対しても、一部の人は「明確な指示を受けて働きやすい」と感じるかもしれませんが、他の人は「自分の裁量が少なくやりがいを感じにくいかもしれない」と感じるかもしれません。

このように、社風は個々の価値観によって異なる評価を受けます。従って、就職活動中には、求人情報に書かれている社風だけでなく、より深く理解することが重要です。

関連記事

将来のキャリアを左右する?長期インターンとアルバイトの違いとは

社風を見る上での要点

 

では、社風を評価するためには、どのようなポイントに注意すれば良いでしょうか?

まず、自分の持つ価値観を整理することが大切です。日々の交流や刺激を得る関係、地道な努力を好むか、変革を求めるかなど、自己分析を行いましょう。

この分析を通じて、自分がどのような環境で居心地が良いかが明らかになります。そして、次の2点に注目して社風を考察しましょう。

1. 社員との相性

入社後は、大部分の時間を同僚と過ごすことになります。ビジネス上の関係であっても、共に目標に向かって協力する仲間としての相性は重要です。

例えば、率直な意見交換が得意でない人が、直言する傾向の強い企業に入社すると違和感を覚えるでしょう。また、積極的なコミュニケーションと協力を重視する人が、個々主義的な雰囲気の企業には適応しづらいかもしれません。

社風は、社員の雰囲気に大きく左右されます。社員と実際に対面し、雰囲気や相性を感じ取れれば、社風の適合性を判断しやすくなります。

2. 仕事の進め方と評価体制

仕事の進め方や評価方法も、仕事に対するやりがいを左右します。

上司からの指示に従うトップダウンの進め方か、自己提案を重視するボトムアップの進め方か。成果主義の評価か、過程や態度を重視する評価か。

同じ職種でも、異なる進め方や評価体制の企業文化では、モチベーションの維持が難しくなります。これらの情報は就活サイトや企業の公式ウェブサイトだけでは把握しきれないので、実際に社員と話をして確認することが重要です。

 

おすすめ記事

長期インターン求人サイト比較!どれがおすすめ?失敗しない選び方を解説!

 

社風理解のためのベスト3アプローチ

ミスマッチを避けるために、社風の理解は極めて重要ですが、求人情報や企業ウェブサイトだけではその正確な把握は難しいものです。社風を探る最良の方法は、やはりその企業の社員と直接触れ合うことです。ここでは、実際の社風を理解するための最善の方法を3つご紹介いたします。

1. インターンシップで自身の適性を判断

自分に合う社風を見極めるためには、単に憧れの企業だけでなく、多様な企業のインターンに参加することが重要です。たとえば、同じ広告業界でも、企業ごとに異なるトップの出身や業界の特徴によって、社風が異なります。業界や企業の文化を広く知り、自身の適合性を探ってみましょう。

特に長期のインターンシップは、社風を理解する上で最適です。長期のインターンシップでは、責任ある仕事を担当する機会が増えるため、リアルな業務の流れや求められるスキルを体験することができます。

2. OB・OG訪問も、社風を知る上で重要な手段

OB・OG訪問では、さまざまな部署や職種の社員と対話する機会があり、説明会よりも深い洞察が得られるかもしれません。

同じ企業でも、部署や職種によって雰囲気や働き方が異なることがあります。実際の現場で働く人々の感想や経験談を聞くことで、説明会では得られないリアルな社風を感じることができます。

3. 合同企業説明会や会社説明会への参加

合同企業説明会に参加すれば、複数の業界や企業を一度にチェックできるため、広範な業界や企業文化を知ることができます。自身の好みに合う雰囲気の企業を見つけ、詳細に探求してみるのもおすすめです。

 

会社説明会は、1つの企業に焦点を当てた情報を得る機会です。場合によっては、人事担当者以外の社員が説明会に参加しており、社風に関する深い洞察を得ることができるかもしれません。

まとめ

これらのイベントでは、質問や意見交換が行われることが一般的です。同僚や上司との関係性、仕事の進め方など、社風に関する質問を積極的に行い、情報を収集することも重要です。

社風の評価は個々の価値観に依存するため、自己判断が不可欠です。自己分析を行い、どのような環境や働き方が自分に適しているかを把握しましょう。

そして、インターンシップやOB・OG訪問、会社説明会などを活用して、実際の社員と直接話してみてください。対話の時間が長ければ長いほど、社風についての理解が深まります。就活サイトや企業のウェブサイトの情報だけでなく、実際に行動して、自分に本当に適した企業を見つけましょう。

関連記事

  1. 海外大生・留学経験者向け!英語を活かせる有給インターン・アルバイト8選

  2. 必勝回答!3つの視点から考える、面接での「入社後にやりたいこと」

  3. メガベンチャーの魅力:就活生が知っておくべきポイントとは!?

  4. 何がしたいのかで決定するキャリアパーソナルコーチングのすすめ!

  5. 海外大生の学費サバイバル!みんなが知らない返済不要の奨学金を一挙紹介!

  6. 海外大生の就活スケジュールー卒業後に日本で働きたい方へ

公式LINEに登録すると「求人応募」や「非公開求人チェック」や「無料キャリア面談」ができます
公式LINE登録でインターンに応募
公式LINE登録でインターンに応募